前へ
次へ

近隣住民に大迷惑なゴミ屋敷

色々なものを様々な理由から家にため込んでしまい、終いには家に入りきらずに庭、もしくは公道まであふれ出ている家があります。
そのような家を「ゴミ屋敷」と呼びます。
ゴミ屋敷をそのまま放置しておくと、色々なデメリットがあります。
例えば、ため込んでいるものが生ごみである場合には、害虫や悪臭などが発生することが考えられます。
さらに燃えやすいものであると、何らかの原因で火災が発生することも考えられます。
他にも、ゴミ屋敷が街に一軒でも存在していると、その街全体のイメージが悪くなる恐れもあります。
最悪の場合には、地価が下落する可能性もなくはありません。
このようにゴミ屋敷は、近隣住民に色々な悪影響を及ぼすことがあるのです。
それを事前に防ぐためには、家がゴミ屋敷と化す前になんらかの対策を講じることが重要になります。
街のイメージを悪化させないようにするためにも、地域住民が一体となってゴミ屋敷の発生を防がなくてはなりません。

Page Top